この記事のURLをコピーする

不動産投資・賃貸業を行う方に向けて我々が明示しないといけないであろう、物件選別、精査方法、資金調達や売却まで詳細を解説した各シリーズを用意している。

不動産投資における情報、知識は一つずつの分野それぞれも大切だが、これを複合的に絡み合う糸を理解し、習得しなければ自らを極めて危険な状況に陥らせる罠となる。

不動産投資をこれから行う方、賃貸業において収益向上をはじめとした事業計画立案を検討されている方にとって必須と言える情報、知恵を順に整理して習得頂くことをおすすめしたい。


目次に戻る▲

不動産投資・賃貸業における必須知識の分野

  • 不動産の運営コスト・収益の上がり方仕組みの理解
  • 投資指数から読み取る物件精査・分析とその活用方法
  • 減価償却の影響と有効活用の仕方
  • 保有による税の影響と節税法・リスク
  • 不動産投資・賃貸業の融資の仕組みと利用方法と有効な資金調達法
  • ワンルーム・区分マンション、一棟建物(非硬固建物・硬固建物)の特性と投資した際の影響と必勝法
  • 投資対象物件の物件調査法
  • 不動産の売却に関する知識と高値売却の方法

これらは不動産投資、賃貸業を営む方にとって各分野の理解だけでなく総合的な影響を把握した深い理解が必要である。

当サイトではこの各分野について必読シリーズとしてまとめているので目を通して頂くことをおすすめしたい。


目次に戻る▲

不動産の運営コスト・収益の上がり方仕組みの理解

賃貸経営をすることによって利益をあげていくことを目的に行う不動産投資・賃貸業において将来にわたる不動産の運営費やそこから生み出される収益の仕組みの理解は必須である。

不動産の運営は長期間を要し、実際の運営コストや収益の状況を実体験できるのは数十年先になることから、様々な情報は他でも見受けられるものの実態と乖離しているものが極めて多い。

下記シリーズではこの運営費、収益に関し厳密に組み立てられるように解説している。


目次に戻る▲

投資指数から読み取る物件精査・分析とその活用方法

不動産を選別する際に利回りの表示など、不動産投資における投資用語、指数を理解することは必要である。

しかし、物件情報に表示される利回りより物件情報をずるずると物件の情報を引き出していく術やその物件の適正利回り、適正価格を導き出すことの方が更に重要である。

そして投資家・事業主にとっては自身の投資プランがどのような結果を導き出すか、自身のプランにおいての損益分岐点や投資パフォーマンスを向上させる術は最も重要である。

下記シリーズでは投資用語、投資指数の解説から、上記で上げた対象物件の適正値を導き出す術及び自身の投資計画における分析までできるように解説している。


目次に戻る▲

減価償却の影響と有効活用の仕方

不動産運営のみならず事業者にとって重要なのは、結果が全てでありつまるところ税引き後にどれだけ資産を増やせるかにある。

魔法の経費とも表現される減価償却は不動産運営に与える影響も大きい。

多くの情報が散見されているが単発・部分による理解では逆に大きな損失を被ることになる。

この減価償却を有効活用する為には減価償却の影響を理解し尽くし、自身の事業計画に合わせた設計が必須である。

各タイミング、行動によって与える影響を理解し有効に活用できる術を下記シリーズでは丁寧に解説している。


目次に戻る▲

保有による税の影響と節税法・リスク

不動産投資・賃貸業のみならず不動産保有者への情報には不動産を使った節税方法は極めて多く、そして人気が高い。

しかし、不動産の節税には多くの落とし穴が存在し、また節税という言葉の盲目性も手伝い節税とは真逆な効果を与える行動をさも当然のように行う方も多い。

節税とは何か、何を目的としているのかを理解すること。

そして不動産において有効とされる節税法について一つずつ厳密に見分け活用できるよう解説したのが下記シリーズである。


目次に戻る▲

不動産投資・賃貸業の融資の仕組みと利用方法と有効な資金調達法

不動産投資・賃貸業を行うものにとって融資の利用方法は極めて関心が高い。

しかし、様々な情報が蔓延はするものの本質的な基本や有効な調達方法について厳密に解説している情報には出会えない。

不動産保有者は通常非保有者に比べて明らかに資金調達に有利であるはずなのに何故自身が望む融資利用ができないのか。

この疑問を持つ方は多いだろう。

下記シリーズでは不動産投資家・賃貸業者にとって本当に欲しい、融資利用に関する常識、知識を明確に細やかに解説している。

多くの方にとって初めて目にする内容も多いだろう。


目次に戻る▲

ワンルーム・区分マンションの特性と投資した際の影響と必勝法

不動産投資対象となる物件の種類毎に当然に特性があり、必勝法が存在する。

一般に投資プレーヤーが最も多いワンルームマンション投資が実は不動産投資においては投資難易度が高い事に触れ垂れている情報をあまり目にしない。

区分所有建物を投資対象とした際、その中でも専有面積の狭い所謂ワンルームマンションとそうでないマンションでもまた特性、必勝法が異なる。

下記のシリーズではこの区分所有建物について各特性、メリット・デメリットの部分を精査し、それぞれの勝ち方を解説している。


目次に戻る▲

一棟建物(非硬固建物):アパートの特性と投資した際の影響と必勝法

一棟物投資において人気のあるアパート投資、いわゆる非硬固建物の投資をする際にはかなり注意しないといけない罠が存在する。

不動産投資において物件選別・取得の段ではつい忘れがちになるが取得後の運営、そして投資の終了期までを把握した上で展開しないと大きな失敗を呼び寄せてしまう。

下記のシリーズでは非硬固建物に対し投資する場合の特性、精査方法と共に必勝法にいたるまで丁寧に解説している。


目次に戻る▲

一棟建物(硬固建物):マンション・ビルに投資した際の影響と必勝法

不動産投資・賃貸業を行うものにとって事業規模が大きくなっていくについて対象となっていくのが硬固建物への投資である。

経験の少ない、知識が不足している方の中には投資当初より対象にする方もいるが、規模の大きな物件や硬固建物の特性と享受できるメリットを理解している方は少ない。

下記のシリーズでは硬固建物、規模の大きな物件を投資対象にする意味、本質から有効活用まで細やかに解説している。


目次に戻る▲

投資対象物件の物件調査法

不動産投資・賃貸業において物件の取得条件は、将来生み出す成果の7割を決めると言われている。

多くの投資家は対象物件の数字的な分析には関心をよせるが物件そのものの不動産としての精査・調査に関しては関心が薄い。

不動産の取得は一つの見落としで大きな損失を被るだけでなく、自身が予定していた事業計画のとん挫にもつながる。

下記のシリーズでは投資対象の情報を手にした時から、物件の取得までに行う物件の調査方法について一般の方が十分に行えるよう解説している。


目次に戻る▲

不動産の売却に関する知識と高値売却の方法

不動産投資・賃貸業を行う方の中には不動産は売るものではないという考えの方が一定数存在する。

しかし、投資・賃貸業を事業として考えるならば、売却という選択が訪れるタイミングは必ず存在し、また投資効率を追えば取得時点で予定するものになる。

下記のシリーズでは投資家・賃貸業を行う方だけでなく不動産を売却する予定がある全ての方に対し、物件売却の際にある様々な罠の明示、そして高値売却を成功させる術を解説している。

この記事のURLをコピーする

目次に戻る▲

最新の記事



不動産投資ノウハウ追求シリーズ

現在検索可能な売買物件は 787

検索Boxを開く

売買物件検索(クリックで展開)