不動産投資の節税メリットとリスク解析5(税改正・盲点編)

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンとして非常に人気の不動産投資の節税。このシリーズでは不動産投資の節税についてその利点とリスクを精査し、収益向上させる術を提示する。第5回目の今回は、税改正と盲点リスクについて解説していく。

この記事のURLをコピーする

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンとして非常に人気だが、利点とリスクの両面について触れる情報はまだまだちぐはぐなものが多いと言わざるを得ない。

このシリーズでは不動産投資の大きな魅力として語られ、認識され、参入動機の一つになりやすい節税というワードについてその利点と認識外に潜む多大なリスクを精査し、収益向上させる術を提示する。

前回までの内容を把握されていない方は下記よりご確認頂きたい。

 第5回目の今回は、税改正と盲点リスクについて解説していく。


目次に戻る▲

税制は頻繁に改正される

今更説明するまでもないが、税制は常に大なり小なり改正される。例えば近年だと相続法改正、消費税増税。

常に変化をしていく税制に目をむけなければ対処ができない。

不動産オーナーは税制に詳しくなくてもいいが概要は常に把握しなければ危険である。


目次に戻る▲

不動産投資の魔力は盲目性を生む

不動産の魔力なのか所有欲が強いのか、定期収入というものは依存度が強い。金額の過多ではなく、連続した同じタイミングで収入を得るというのは催眠効果があるともいう。

しかし、その魅力的な定期収入の陰にコストに対する盲目性を生み、投資に取り組むのはあまりにリスクが高い。

そして、不動産を扱う我々はその取引の一つ一つが大きい。

不動産ビジネスに関係する人々には様々な形での税リスクが存在する。


目次に戻る▲

不動産ビジネスは監査・追徴リスクが高い

実は、不動産投資・不動産ビジネスにおける最大のリスクは税リスクではないかと思った事は多々ある(税の増減の話ではない)
 

たとえば会社を作って経費を入れるとか合法的であろう行為で5億円を節税できたとしても、日本はだいたい2〜3億円の脱税から一発懲役になるじゃないですか。ぼく自身は犯罪性があることをやらないのに納税関係だけは犯罪者になってしまうリスクが大きい

ASCll.jp「一人の力で日経平均を動かせる男」に聞いた


 
上記の記事の方は株式で大きな財産を築いた方のコメントではあるが、不動産は単価が大きいため、億単位の利益がでてしまうという方も少なくないはずだ。
 


目次に戻る▲

不動産の営業マンも追徴される

取引の単価が高い為、不動産営業マン(売買は業務委託が多い)でも追徴されたという話はいつでもどこでも聞く話だ。

これは個人で且つ自身で確定申告している、白色にして経費率高すぎ設定してる人が多い問題にあるが、所属する会社、関係会社、取引による相手が税務調査に入られそこから芋ずるというパターンが多いようだ


目次に戻る▲

不動産投資家で一番有名なパターン

不動産を所有して損益通算できるようになるからという話に乗ったサラリーマン投資家の適当経費参入問題があげられる。

未だにその追徴リスクを知らずに適当にタク代や飲食費等を経費参入しているケースを見受ける。追徴対象になるのでやめた方がいい。

引用の2〜3億の脱税で一発懲役になるリスクに関しては売買を繰り返す中で大きめな案件をこなした時にはありうる。

毎年不動産会社役員が捕まる


目次に戻る▲

税務署は確かに狙ってくる

以前、下記のようなやりとりに注目した。


税制度は複雑にすることにより実態よりも税が軽い印象を作るに役立つ為か世界各国の税制歴史を見ても複雑になり続ける


次回は、これまで解説してきた不動産投資の節税に関するメリットとリスクについてまとめ、総括とさせて頂く。


この記事のURLをコピーする

Twitterで質問 匿名質問

投稿者:Kishin Inc.編集部

当社はカフェと不動産の並列店です。店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。 [@Kishin_inc ]

Latest contents
不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

Related article

不動産投資の失敗例と対処法

不動産投資の物件調査方法5【総括】

不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)

不動産投資の物件調査方法2(物件現地調査編)

Related question
Q.リスクを背負わずに不動産投資は可能ですか?
Q.不動産投資をするにあたり、一番大事なことはなんですか?
Q.不動産投資を始めようとした目的やきっかけは何でしょうか?
Q.平成バブル崩壊、リーマンショックと不動産投資の回復はどれくらいかかったのでしょうか。スルガショック、そしてコロナ…回復見込みはいつ頃でしょうか

記事を購読しませんか?
当サイトの記事の通知はTwitter又はFeedlyをフォロー頂くかメールでお受け取り頂くと便利です。メール通知をご利用の場合は下記をご利用下さい。


Related note
Kishin Inc.編集部 @Kishin_inc

不動産投資、賃貸業において多くの方が色々と欠けた(抜けている)数値を使って計算している不動産運営収支の計算。

この運営収支に関して可能な限り厳密に、もれなく試算できるツールの提供を開始(無料)。

様々なシミュレーション用のソフトが溢れているが多くの場合、決定的なコスト計上漏れがあり現実とは異なる試算結果になる。

そして不動産運営は長期にわたり運営して初めて1サイクル。多くの方が計上漏れがあっても気づけず、厳密に精度の高い運営計画、試算ができる方は限られている。

それこそ、不動産賃貸業20年、30年選手や家業として不動産賃貸業を引き継いた方ぐらいしか厳密なコスト計算、将来シミュレートに使える精度の計算は難しいのかもしれない。

そこで極めて厳密に不動産運営収支を計算できるツールを用意するに至った。

無論、個人・法人対応、スマホ対応。試算設定年数終期における厳密な蓄積金(税引後キャッシュフロー蓄積金)、時点残債額迄対応している。

利用は「運営費計算」ページにていつでも無料で行える。

不動産投資を行いたい方がリスク回避の為、すでに物件を保有しておりこれからどの程度保有するのが最良なのかなど、利益の最大化に向けての試算にも有用なはずだ。

機能等の詳細は、不動産の運営コストの全てシリーズの下部にて画像入りで紹介しているのでご確認頂きたい。

不動産の運営費・コストの全て。1(室内コスト編)



Popular post

不動産投資の物件調査方法1(調査前の情報収集編)

不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

不動産の運営費・コストの全て。1(室内コスト編)

不動産の利回り・投資指数活用マニュアル4(収益還元法|DCF法)

不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)

不動産の利回り・投資指数活用マニュアル5(復帰価格と価格算出)

不動産融資・資金調達法1(真常識編)

不動産の運営費・コストの全て。2(外部維持・修繕コスト編)

アパート投資の教科書6(中古の勝利条件編)

減価償却を活用し尽くす術3(重大注意事項)

現在検索可能な売買物件は 782

検索Boxを開く

売買物件検索(クリックで展開)



Latest article

不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)
不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)
不動産投資の物件調査方法2(物件現地調査編)

もっと見る


Latest question
Q.利回りとキャッシュフローって重要なのはどっちです?
Q.賃料の自動増額条項(傾斜家賃制度)が非常にいいと聞きましたがどのようなものですか。
Q.礼金とはなんですか?
Q.更新契約後も連帯保証人の責任は続きますか?
Q.保証会社とはなんの会社ですか。

もっと見る



不動産投資ノウハウ追求シリーズ

AOUDIO配信中

現在検索可能な売買物件は 782

検索Boxを開く

売買物件検索(クリックで展開)