ワンルーム・区分マンション投資の勝ち方2(1R投資の勝ち方編)

このシリーズでは、区分マンションを投資対象とした場合の特性、注意点と共に必勝策を理解し、実践できるように解説していく。第2回目の今回は、区分マンションの中でも最も参入者の多い、ワンルームマンションを投資対象とした場合の勝ち方を追求しつつ必勝法も明示していく

目次

  • 1 ワンルームマンションの勝つための精査
    • 1.1 価格帯が低いのは魅力
    • 1.2 投資難易度は高い
    • 1.3 最大の問題点
    • 1.4 角度を変えて捉える
    • 1.5 ワンルームは基本貸す以外の利用法がない
    • 1.6 基本ノンバンクしか利用できない
  • 2 物件としての価値はどこか
    • 2.1 賃貸稼働させ、稼げる金額
      • 2.1.1 土地の価値はどうみるか
      • 2.1.2 同意見とならなければ実行されない枷
      • 2.1.3 建て直す、修繕するコストを考えてみる
      • 2.1.4 土地の本質的な価値
  • 3 部屋のサイズと賃料の関係
    • 3.1 設備に対するコストはあまり変わらない
    • 3.2 長期運営を検討した場合のデッドライン
  • 4 ワンルームマンションの殆ど唯一の勝利条件
    • 4.1 部屋のサイズはデメリットでもメリットでもある
    • 4.2 坪賃料差による大きな乖離
    • 4.3 坪賃料差の比較
    • 4.4 キャッシュフローは比例しない
    • 4.5 坪賃料とキャッシュフローの影響を試算
    • 4.6 ワンルームマンションの勝利の絶対方式「坪賃料」
  • 5 ワンルーム投資検討者への補足情報
    • 5.1 全ての視点は利益に向けよう
    • 5.2 年金対策でも生命保険でも相続対策でもない
      • 5.2.1 出口のないものは年金にも保険にも相続税対策にもならない。
    • 5.3 やばい!困ったという方への逃げ道
この記事のURLをコピーする
以下、限定コンテンツ

ユーザー登録済みの方はログインすることでこのコンテンツをご覧頂けます。

▶ ログインして内容を確認


この記事のURLをコピーする

Twitterで質問 匿名質問

投稿者:Kishin Inc.編集部

当社はカフェと不動産の並列店です。店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。 [@Kishin_inc ]

Latest contents
不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

記事の購読はいかがですか?

    Mail受取設定


    Popular post

    不動産投資の物件調査方法1(調査前の情報収集編)

    不動産の運営費・コストの全て。1(室内コスト編)

    不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

    不動産の運営費・コストの全て。2(外部維持・修繕コスト編)

    不動産の利回り・投資指数活用マニュアル4(収益還元法|DCF法)

    不動産の利回り・投資指数活用マニュアル5(復帰価格と価格算出)

    不動産融資・資金調達法1(真常識編)

    不動産の利回り・投資指数活用マニュアル1(利回りの本質)

    積算評価(原価法)・時価評価自動計算

    アパート投資の教科書6(中古の勝利条件編)

    現在検索可能な売買物件は 2459

    検索Boxを開く

    売買物件検索(クリックで展開)



    Latest article

    不動産投資の失敗例と対処法
    不動産投資の物件調査方法5【総括】
    不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)
    不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)
    不動産投資の物件調査方法2(物件現地調査編)

    もっと見る


    Latest question
    Q.利回りとキャッシュフローって重要なのはどっちです?
    Q.賃料の自動増額条項(傾斜家賃制度)が非常にいいと聞きましたがどのようなものですか。
    Q.礼金とはなんですか?
    Q.更新契約後も連帯保証人の責任は続きますか?
    Q.保証会社とはなんの会社ですか。

    もっと見る



    不動産投資ノウハウ追求シリーズ

    現在検索可能な売買物件は 2459

    検索Boxを開く

    売買物件検索(クリックで展開)