アパート投資の教科書2(注意点と特徴編)

このシリーズでは投資先をアパートとした場合の注意点、メリット・デメリットを解説するだけでなく必勝の道へとご案内する。第2回目の今回は、アパートを投資先とした場合の特筆すべき注意点と特徴について細やかに解説していく。

目次

  • 1 アパートを不動産投資先とした場合の特徴
    • 1.1 アパートは建物分の価格下落が速い
    • 1.2 流通価格は収益価格だけで決定されない
  • 2 投資の目的は利益の追求
    • 2.1 減価幅が大きな取引をする場合の影響
  • 3 土地と建物の構成・比率がもたらす影響
    • 3.1 物件の比率構成に目を向ける必要性
    • 3.2 土地の比率が高い投資先
    • 3.3 建物の比率が高い投資先
    • 3.4 イールドギャップ傾倒の危険性・注意点
  • 4 アパート投資の注意点・優位点
    • 4.1 減価速度が速い
    • 4.2 投資プレーヤーが多い
    • 4.3 コンバージョンが比較的行い易い
    • 4.4 市場規模が最も大きい
この記事のURLをコピーする
以下、限定コンテンツ

ユーザー登録済みの方はログインすることでこのコンテンツをご覧頂けます。

▶ ログインして内容を確認


この記事のURLをコピーする

Twitterで質問 匿名質問

投稿者:Kishin Inc.編集部

当社はカフェと不動産の並列店です。店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。 [@Kishin_inc ]

Latest contents
不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

Related article

アパート投資の教科書7【総括】

アパート投資の教科書6(中古の勝利条件編)

アパート投資の教科書5(中古物件の精査編)

アパート投資の教科書4(新築の勝利条件編)

アパート投資の教科書3(新築の精査編)

Related question
Q.共稼ぎで住宅ローンを返そうと思っています。夫婦で共有名義にしたほうが良いと聞きましたが、なにか注意点はありますか?

記事の購読はいかがですか?

    Mail受取設定


    Popular post

    不動産投資の物件調査方法1(調査前の情報収集編)

    不動産の運営費・コストの全て。1(室内コスト編)

    不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

    不動産の運営費・コストの全て。2(外部維持・修繕コスト編)

    不動産の利回り・投資指数活用マニュアル4(収益還元法|DCF法)

    不動産の利回り・投資指数活用マニュアル5(復帰価格と価格算出)

    不動産融資・資金調達法1(真常識編)

    積算評価(原価法)・時価評価自動計算

    不動産の利回り・投資指数活用マニュアル1(利回りの本質)

    アパート投資の教科書6(中古の勝利条件編)

    現在検索可能な売買物件は 2266

    検索Boxを開く

    売買物件検索(クリックで展開)



    Latest article

    不動産投資の失敗例と対処法
    不動産投資の物件調査方法5【総括】
    不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)
    不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)
    不動産投資の物件調査方法2(物件現地調査編)

    もっと見る


    Latest question
    Q.利回りとキャッシュフローって重要なのはどっちです?
    Q.賃料の自動増額条項(傾斜家賃制度)が非常にいいと聞きましたがどのようなものですか。
    Q.礼金とはなんですか?
    Q.更新契約後も連帯保証人の責任は続きますか?
    Q.保証会社とはなんの会社ですか。

    もっと見る



    不動産投資ノウハウ追求シリーズ

    現在検索可能な売買物件は 2266

    検索Boxを開く

    売買物件検索(クリックで展開)