不動産投資の物件調査方法5【総括】

このシリーズでは、取得対象となりそうな物件情報を手に入れた際に、調べるべきことを迅速に調べ、事業計画立案のさらなる飛躍につながる情報を見出す術を紹介する。第五回目は、これまでの調査内容を現地で照合する照合調査と当シリーズで解説してきた内容をまとめ、総括とさせて頂く。

この記事のURLをコピーする

ここのシリーズでは、取得対象となりそうな物件情報を手に入れた際に、調べるべきことを迅速に調べ、事業計画立案のさらなる飛躍につながる情報を見出す術を紹介してきた。

前回までの調査方法をお読みでない方は下記よりご確認頂きたい。

第五回目の今回は、これまでの調査内容を現地で照合する照合調査と当シリーズで解説してきた内容をまとめ、総括とさせて頂く。


目次に戻る▲

現地再訪(照合調査)

これまで多くの調査を行い、多くの資料を取得してきた。最後に各調査で確認、聞き取った内容やデータと対象不動産現地で照合の上再確認を行う事が大切である。


ヒアリング・取得データと現地の照合

ここでは照合するポイント、その際の照合資料等をまとめていく。


土地の形状

公図・地積測量図・地籍調査成果資料などと照合


境界標の設置状況

地積測量図・境界確定図などと照合


敷地の外周の長さ

地積測量図・地籍調査成果資料などと照合


建物の状況

建物図面などと照合


道路幅員

道路台帳図・境界確定図・開発登録簿・道路位置指定図などと照合


セットバックの状況・道路中心線の判定など

指定道路調書・建築計画概要書などと照合


擁壁の状況

開発登録簿・開発関係資料などと照合


インフラの引込状況・位置

各埋設管図面などと照合


周辺の施設・状況など

調査で手に入れた各書類及び住宅地図などと照らし合わせもう一度確認


データと現地が相違する場合

相違がある場合、原因がわかる場合とそうでない場合がある。


相違の原因がわかる場合の例

  • 取得調査の作成時期以降に、対象不動産やその周辺でなんらかの変動が確認できる
  • 取得調査の作成時期以降に、法令等の新たな制定や変更が確認できる
  • 土地や建物に未登記や表題登記変更の未了の部分がある
  • 取得資料が古すぎて現況と合致しない。または不正確な資料がある
  • 違反・違法行為などがみとめられる

相違の原因がわからない場合

これまでの調査結果と、相違原因がわからない部分を照らし合わせ、その相違による影響を鑑み、最終的な物件取得の有無を判断する。尚、この際、売主側(担当担当)への聞き取りにより原因判明という事があるのでまず相談頂くのがよいだろう。


目次に戻る▲

物件調査方法シリーズまとめ

投資家が取得対象にする物件は当然に動きが早い。その為、取得対象を発見次第、スムーズにかつ迅速に物件に関するデータを集め、投資判断を行い、物件調査を行う必要がある。


物件情報取得から家をでる前に行う準備と行動

第1回目では物件情報の取得から、物件に関するデータを迅速にあつめ、調査にあたって準備すべき行動、手配等について解説した。

尚、物件調査票を用意することを必須としたがお持ちでない方は、この第1回の第9章で配布しているのでダウンロード頂くことをおすすめする。

この「家を出る前に行うべき準備・行動」がいかに効率化されているかで対象物件が真に取得すべき物件だった場合のスピード勝負に競り勝つ鍵と言える。


物件担当を抑え込め

また、対象物件を仕入れる為には、売主が他の人と契約してもらっては困る。

その為、物件情報の取得から、このシリーズで解説してきた物件調査、そして融資付け等の契約までに必要な行動を迅速に行うことと共に逐一、物件担当への連絡、物件状況の把握、そして聞き取りと自身と契約するベクトルへの誘導が極めて重要であると解説した。


物件現地での迅速な調査

家を出る前の準備を迅速に行い、この時点で入手できた資料を持参しまず、物件の現地調査を行う。この現地調査についてみるべきこと、確認すべきことは第2回でまとめた


謄本・公図等の読み取り方・法務局調査

物件情報を取得した時点で写しは取得できているのが好ましいが第3回では法務局で各資料を調査する、一般の方には読み取り方がわからないという方も多い登記事項証明書や公図、その他の資料の読み取り方も含め調査方法を解説した。


役所調査の仕方

現地調査及び法務局調査につづき、法規面の規制等を確認する為、役所の各窓口での調査が必要になる。この役所調査も法務局調査と同様、一般の方には慣れないことなので可能な限り基本的なことを簡略にまとめ解説した。

簡潔にまとめたとはいえ、そもそも不動産の調査はかなりボリュームがある。最初のうちは特に例にあげた「質問の仕方」を参考にわからない事についてはどんどん窓口担当に聞き取りするのがよいだろう。


調査結果と事業プランの整合性

今回冒頭に紹介した現地再訪と共に最終的な自身の事業プランとの整合性を行う。特に建物の改築や建て直し、出口戦略において最善の手が本当に取れるかを精査することになる。


物件調査の意味

投資家にとっての最大の焦点は、対象物件を介して利益向上である。物件調査は、自身が描いた事業計画に問題がないか、物件調査を踏まえて更に利益を向上させる別のプランを生み出せないかの材料と考えるべきであろう。


目次に戻る▲

シリーズあとがき

これまで投資家が行うべきデューデリジェンスとして物件調査の方法を解説してきた。


ここまでの物件調査を行う必要がある?

なぜ、投資家自身がこれほどまでの物件調査を行う必要があるのか?物件購入の際には重要事項説明書が作成され説明を受けることを承知している読者の方も多いだろう。


重要事項説明だけでは万全とはいえない

物件取得を決め、契約をする段に入ると重要事項説明を受ける事になる。この説明があるから自身でこれほどまでの物件調査をする必要はないと考える読者も多いだろう。

しかし、重要事項説明書はあくまで対象物件における基本的な使い方、宅建業法で定められた事項について説明する義務があるだけで、貴方の事業プランにあわせてなされるものではない。


事業プランが実行できるかの確認は自分で確認

不動産の物件取得にあたって最も恐ろしいことは対象物件が想定していなかった規制・制限があり計画していた事業プランを実行できないことにある。

標準的、または既存の利用方法とかわらない形で運用する予定での物件取得であれば重要事項説明で充分であろう。


利益を最大化させるためには

物件取得後、改修や新築、売却(出口)の形までを想定しきり、利益を最大化させるためには自分自身での物件調査が必須である。

対象不動産において取れる手を全て精査し、その中で利益の最大化を狙うことが皆様の本来の目的であるだろうから。

皆様にとって役にたつ記事であったことを願う。


この記事のURLをコピーする

Twitterで質問 匿名質問

投稿者:Kishin Inc.編集部

当社はカフェと不動産の並列店です。店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。 [@Kishin_inc ]

Latest contents
不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

Related article

不動産投資の失敗例と対処法

不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)

不動産投資の物件調査方法2(物件現地調査編)

不動産投資の物件調査方法1(調査前の情報収集編)

Related question
Q.リスクを背負わずに不動産投資は可能ですか?
Q.不動産投資をするにあたり、一番大事なことはなんですか?
Q.不動産投資を始めようとした目的やきっかけは何でしょうか?
Q.平成バブル崩壊、リーマンショックと不動産投資の回復はどれくらいかかったのでしょうか。スルガショック、そしてコロナ…回復見込みはいつ頃でしょうか

記事を購読しませんか?
当サイトの記事の通知はTwitter又はFeedlyをフォロー頂くかメールでお受け取り頂くと便利です。メール通知をご利用の場合は下記をご利用下さい。


Related note
Kishin Inc.編集部 @Kishin_inc

不動産投資、賃貸業において多くの方が色々と欠けた(抜けている)数値を使って計算している不動産運営収支の計算。

この運営収支に関して可能な限り厳密に、もれなく試算できるツールの提供を開始(無料)。

様々なシミュレーション用のソフトが溢れているが多くの場合、決定的なコスト計上漏れがあり現実とは異なる試算結果になる。

そして不動産運営は長期にわたり運営して初めて1サイクル。多くの方が計上漏れがあっても気づけず、厳密に精度の高い運営計画、試算ができる方は限られている。

それこそ、不動産賃貸業20年、30年選手や家業として不動産賃貸業を引き継いた方ぐらいしか厳密なコスト計算、将来シミュレートに使える精度の計算は難しいのかもしれない。

そこで極めて厳密に不動産運営収支を計算できるツールを用意するに至った。

無論、個人・法人対応、スマホ対応。試算設定年数終期における厳密な蓄積金(税引後キャッシュフロー蓄積金)、時点残債額迄対応している。

利用は「運営費計算」ページにていつでも無料で行える。

不動産投資を行いたい方がリスク回避の為、すでに物件を保有しておりこれからどの程度保有するのが最良なのかなど、利益の最大化に向けての試算にも有用なはずだ。

機能等の詳細は、不動産の運営コストの全てシリーズの下部にて画像入りで紹介しているのでご確認頂きたい。

不動産の運営費・コストの全て。1(室内コスト編)



Popular post

不動産投資の物件調査方法1(調査前の情報収集編)

不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

不動産の運営費・コストの全て。1(室内コスト編)

不動産の利回り・投資指数活用マニュアル4(収益還元法|DCF法)

不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)

不動産の利回り・投資指数活用マニュアル5(復帰価格と価格算出)

不動産融資・資金調達法1(真常識編)

不動産の運営費・コストの全て。2(外部維持・修繕コスト編)

アパート投資の教科書6(中古の勝利条件編)

減価償却を活用し尽くす術3(重大注意事項)

現在検索可能な売買物件は 866

検索Boxを開く

売買物件検索(クリックで展開)



Latest article

不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)
不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)
不動産投資の物件調査方法2(物件現地調査編)

もっと見る


Latest question
Q.利回りとキャッシュフローって重要なのはどっちです?
Q.賃料の自動増額条項(傾斜家賃制度)が非常にいいと聞きましたがどのようなものですか。
Q.礼金とはなんですか?
Q.更新契約後も連帯保証人の責任は続きますか?
Q.保証会社とはなんの会社ですか。

もっと見る



不動産投資ノウハウ追求シリーズ

AOUDIO配信中

現在検索可能な売買物件は 866

検索Boxを開く

売買物件検索(クリックで展開)