ユーザー登録

登録者様は当サイト内の限定コンテンツをご覧頂ける他、未公開・特選物件の買受者募集時に通知をお受け取り頂けます。

登録後、ご確認メールに沿いプロフィールページのご希望欄に希望する物件条件等をご記入いただく事で個別提案も申し上げます。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録下さい。

ユーザー登録(アカウント設定)

設定を登録 ≫ 自動メール受信 ≫ 利用開始

Mail受取設定




ユーザー特典

  • 不動産運営収支自動計算システムでいつでも厳密なシミュレートが可能に。
  • 限定コンテンツの閲覧、最新の物件情報・販売図面もご覧頂けます。
  • 希望物件情報を入力するだけで個別提案を受けられます。
  • 住宅購入/売却、不動産投資に役立つプロ作成の様々なツール・ファイルをいつでもダウンロード・ご利用頂けます。今後追加されるものの含め全て無料です。

ユーザー登録者様への各特典についてご案内いたします。


限定コンテンツの閲覧

当サイト内の限定コンテンツをご覧頂ける。特に物件情報について当サイトではユーザー会員様限定コンテンツとして取り扱っている為、ユーザー登録頂く事により欲しい物件の情報を検索、詳細をご確認頂けるようになる。

売買物件の各ページでは、物件の詳細情報の他、地図、販売図面・概要書等の資料もご確認頂け、物件の詳細データをすぐに確認したい方向き。



様々なツールを提供(無料)

住宅購入/売却、不動産投資、賃貸経営に役立つ、プロ作成の様々なツール、データ・書類をいつでも閲覧、利用、ダウンロード頂ける。

更に今後追加されるものも含めて全て無料でご利用可。

管理メニューの「Free Tool」を選択
Free Tool一覧(一部)


希望設定のみで物件の個別提案を受け取れる

希望物件情報に入力(更新)だけで個別に物件のご提案。貴方への特別オファー物件もお受け取り頂ける。



不動産運営収支自動計算システム(無料)

当サイトではユーザー登録者に向けて不動産の運営コストの詳細試算ができる計算システムを無料で提供している。利用は、ログインして管理メニュー「運営費計算」ページを開くだけで利用頂ける。


主な機能・計算内容の紹介

  • 不動産の運営費・コストの全て。」シリーズで解説する内容の全てを網羅。
  • 勿論、スマホ対応
  • 一戸建・区分マンションから共同住宅、一棟ビル等の全てに対応。
  • 住居戸数・店舗戸数の指定により内部コストを厳密に試算。
  • 設備グレード指定、各設備の調整機能付きの為、自分自身の運営計画に合わせて計算が可能。
  • 外部修繕コスト(修繕積立金)にも対応。
  • 清掃費用等の雑費、室内入退去費用にも対応。
  • 火災保険・地震保険等の計算にも対応。
  • 融資利用の場合の運営費への影響(税金)等を加味し、キャッシュフロー算出。
  • 物件取得直後の修繕コストの計上、減価償却対象額を計上しての試算に対応。
  • 対象物件の期間内平均課税所得を表示。取得前の自身の所得と合わせ実際のキャッシュフローを厳密に試算。
  • 個人・法人ともに対応。
  • 試算年数設定により、融資を利用した場合の時点、蓄積金(キャッシュフロー蓄積)、試算終了期のローン残債額の計算

等など、考えられうるコスト計算及び運営の結果、事業成果を厳密に計算できる。


基本設定

下図のようにメニュー欄「運営費計算」を選択すると不動産運営の自動計算システムのページが開く。最上段は物件の基本設定だ。


内部修繕コストの基本設定

住戸、店舗等の戸数設定から、設備入替(修繕)サイクルの設定や各設備の基本コスト設定、まとめ工事による割引に対応。


外部修繕・管理費・税・保険

一棟建物か区分所有建物かの選択、管理費の計上により管理委託・自主管理共に対応。管理委託の場合の振込手数料や清掃費、水道光熱費、固定資産税等の税金や火災・地震保険に対応。


入退去費用にも対応

平均入居期間設定により、入退去にかかる費用も厳密に計算される。


ローン計算・税引き後キャッシュフローにも対応

融資利用設定を行い、この後に続く減価償却対象額の設定で厳密な税引き後キャッシュフロー(蓄積金)の試算にも対応している。


課税対象所得の厳密な算出

対象不動産及び融資利用による利息等の控除対象を自動計算。

物件取得直後の修繕費用、試算期間内に償却予定の減価償却費設定することで将来の厳密な税コストを試算できる。

さらに対象物件の試算期間中の平均課税所得が表示される為、貴方の現課税所得額と合わせることで取得後の厳密な税額の算出が可能。


全てを加味しキャッシュフロー(蓄積金)が算出される

保有期間(試算年数設定)に蓄積されるキャッシュフローの算出、そしてローン利用の場合は、終了期のローン残債も自動計算される。

このツールを利用すれば不動産の運営費、その他すべてのコストを算出し、厳密な事業計画を練れるだろう。勿論、スマホ対応している。

利用はログインしてメニューの「運営費計算」ページ。