ボローニャ風ラザーニャ

 
ボローニャ風ラザーニャ【ラザーニャ・アッラ・ボロネーゼ】

Lasagne alla bologneseラザーニャ・アッラ・ボロネーゼ

日本人がイメージするラザニアは、このボローニャ風ラザーニャが原型だと思いますがラグーもベシャメルも一般家庭では中々調理しませんから食べる機会があまりないように思います。

ラザーニャ・アッラ・ボロネーゼは、ベシャメル、ラグー、パルミジャーノ、(パスタ)ラザーニャを層にして調理するパスタ・アル・フォルノ(焼きパスタ)です。

宮廷料理でもあったこの料理は、ボローニャの伝統料理であり、現代のイタリアにおいては特別な日に家族と一緒に楽しむプリモ・ピアットです。

現在ではイタリアのみならず、世界中で愛されるイタリア料理です。

料理を構成するラグー、ベシャメルの調理法はこれまで紹介してきた下記記事を活用頂きつつご覧ください。

ベシャメル調理法はこちら。ラグー調理法は下記パスタ・アル・ラグーの記事にて。

肉煮込みのパスタ


尚、通常ラザーニャは大きな耐熱容器で人数分すべてを焼き上げ調理します。食事の際に切り分けて食べるものです。しかし、僕はそのような大きな耐熱容器は持っていないので普段一人前ずつ調理しています。

その為、食材分量は目安として頂き、お使いの耐熱容器に合わせて調整下さい

調理時間はラグー調理300分、焼き時間40分の配分です。


ボローニャ風ラザーニャ材料4人分

ラグーソース400g(調理済み分量)
トマトペースト大匙4
ベシャメル(調理済み:700gの牛乳で調理したもの)
パルミジャーノ150g(一部モッツァレラとの混合がおススメ)
ラザーニャ生地(乾麺目安重量)240g

生地を自作する場合
デュラムセモリナ180g
小麦粉120g
ほうれん草120g
全卵1個
卵黄1.5個

1人分:約810カロリー


ボローニャ風ラザーニャ調理工程(約340分)

STEP1 生地の調理
ほうれん草を鍋に入れ、水を少し加え、蓋をして5〜6分加熱します。水を切り、冷まして水分を絞ったらミキサーに移します。

ピューレ状になるまでミキサーにかけて50gのほうれん草ピューレを確保します。セモリナ粉と小麦粉をペストリーボードに円形に敷き、ほうれん草を加えて噴水のような形を作ります。

次に軽く溶いた卵を加えます。続いて溶いた卵黄も加えます。中心からすべてを練り始め、生地が均一になるまでよく混ぜます。

こね終わったらラップにつつみ室温で30分間置きます。

30分経過したら使用する生地のみを取り出します。残った生地は乾燥を防ぐためにラップで覆っておくようにしましょう。

少量のセモリナ粉を使い、ペストリーボードの上で少し平らにして長方形を作り、機械で生地を伸ばし、折り重ねて伸ばす作業を繰り返します。

水分が多すぎると感じたら、セモリナ粉を少しふりかけます。0.5 mmよりほんの少し厚い、生地の厚さになるまで、繰り返し伸ばしていきます。

ちょうどよい記事厚になったらペストリーボードに移し、容器にあわせてカットします。必要な生地が揃うまで繰り返し記事を伸ばしカットを続けます。

生地がそろうタイミングに合わせて水を入れて火にかけ、1%の塩を加え沸騰したら1枚ずつゆでていきます。茹で時間は30~40秒です。

乾麺生地使用の場合
乾麺生地を使用する場合、袋に記載の茹で時間に従って茹でてください。茹で上がり後の生地は非常にくっつきやすいのでそれぞれ離して確保するようにしましょう。
STEP2 ラグーソースを加熱してトマトペースを加え、全体になじませてラザーニャ用ソースに仕立てます。

ベシャメルソースも調理して準備します。

ラグーソースとベシャメルの調理法は上段にてリンクしている調理法をご参照下さい。
STEP3 大きなラザーニャ用耐熱容器を用意し、底にバターを塗ります。

1.最初にラザーニャの生地を敷きます。
2.ベシャメルの薄く塗り層とします。
3.ラグーを同じく薄くぬり層を追加します。
4.パルミジャーノ(僕はモッツァレラ8、パルミジャーノ2くらいの比率)で乗せます。

1~4を繰り返し層を作り最後に好みでバターをのせます。
STEP4 170度に加熱したオーブンに入れて40分加熱したら完成です。
ボローニャ風ラザーニャ【ラザーニャ・アッラ・ボロネーゼ】の調理工程4

ボローニャ風ラザーニャの調理ポイント

ラグーを使用する為、調理時間が長くなるものの難易度は低いのでチャレンジしやすい品だと思います。

ラザーニャ生地を乾麺でゆでる際、複数枚まとめて茹でることになると思います。その際、ゆで上げてからそれぞれの生地同士がくっつきやすいので、一枚ずつ離して確保するようにして下さい。

ゆで上げた記事は容器の大きさに合わせてカットして盛り付けます。

とても濃厚で美味しいラザーニャを味わえますよ!

尚、僕は生地自作は長年行っていないので、記憶を頼りに情報収集してまとめた感じです。


ボローニャ風ラザーニャについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る

言及1 言及2

記事内食材解説・補足
チーズ[formaggio]読み方:フォルマッジョ
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ
ベシャメル[besciamella]日本においてはホワイトソースと同一視されたりしますが、小麦粉をバターと牛乳で溶いて煮詰めた白いソースです。 フランス料理の基本的なソースのひとつであり、チーズを加えてモルネーソースを作るなど、他のソー ... [詳細解説へ]
読み方:ベシャメッラ
モッツァレラ[mozzarella]読み方:モッツァレーラ
分類:チーズ
代用品:カマンベール|ブッラータ
ラグー[ragu]かつては肉(時には魚や野菜も)を小さく切り、低温でしっとりと調理する調理法すべてをラグーと言ったそうです。つまり煮込みのことです。 ラグーという用語が使われ始めた時期は明らかではないそうですが、「ラグ ... [詳細解説へ]
読み方:ラグー
分類:調理法
ラザーニャ[lasagna]平打ちのパスタの一種。カンパニア州に起源をもつ古くからある形状のパスタ。通常オーブンで焼き上げたパスタである、ラザーニャ・アル・フォルノ (lasagna al forno) に使います。
読み方:ラザーニャ
分類:パスタ
全卵[uovo intero]読み方:ウォヴォ・インテーロ
卵黄[tuorlo]読み方:トゥォーロ

このページのURLをコピーする
当店では、常時、学割・子供割にて皆様をお迎えしております。また、本当にお困りのお子様救済の為、皆様からのご支援を募りつつ常時、子ども食堂対応をさせて頂いております。

学割の詳細 子ども食堂詳細

サポート頂けたら嬉しいです!

100円500円1,000円金額を入力
上記リンク先「送信」からサポート頂けます。サポートはPayPal.meを利用していますので方法がわからない場合はPayPalのヘルプをご参照ください。

投稿・コメントフォロー用SNS

Threads Facebook

レビュー有難うございます!

えみふかおやみ
えみふかおやみ
2024-02-02
今回は馬車引きのスパゲッティを注文しました。辛さはちょうどよく、とても素材の味が生きている本格的なパスタで、ボリュームもちょうど良かったです。特別期間限定のレバーペーストも注文させて貰い、初めて食べたのですが臭みもなくて、美味しくてまた食べたいお味でした。店内は落ち着いた雰囲気で、マスターも気さくに接客対応してくれる、良心的な喫茶店です。コーヒーのメニューも豊富なので、気軽に一息つきたい時に行くのにおすすめだと感じました☆また、来店して、いろんなスパゲッティを注文したいと思います。
Hiro M
Hiro M
2024-01-14
お洒落で素敵なカフェでしたもちろんコーヒーも美味しかったですまた、伺います追記フレンチトースト🍞頂きました追記ナポリタンカレーパスタ頂きました追記スペシャルブレンド今日はクイーンショコラを頂きました
みぃ
みぃ
2023-11-20
先日子供だけで約束をして伺ったそうです。カフェ行く〜っと楽しみに帰ってきて、迷惑になるからやめなさいと反対しましたが、どうしても行きたかったようで行かせていただきました。オーナーの方が特別対応を多々してくださったようで終始笑顔で帰宅しました!!この近辺このようなおしゃれなカフェがないので貴重な体験をさせていただきありがとうございました。今度は是非家族でも、利用したいと思います。本当にありがとうございました。
OKOMETOKA
OKOMETOKA
2022-10-18
イートインにて、パンケーキとシェケラートを注文しました。パンケーキは見た目は小さいですが、4枚重ねなのでボリュームたっぷり。生地には紅茶のシロップが染み渡り、シャクシャクとした食感で甘く美味しかったです。シェケラートは想像していたよりも甘く、飲みやすかったです。パンケーキのあとに口にしたら、苦みも感じて食後には丁度よい清涼感でした。店舗自体、こぢんまりとしてさほど広くはありませんが、清潔感がありました。店員さんたちも丁寧かつ、物腰の柔らかい雰囲気で好印象です。現在は会計は現金のみですが、今後はクレジットの対応も予定しているそうです。
とよでぃん
とよでぃん
2022-09-07
めちゃおしゃれで料理もおいしかった!雰囲気もいい

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Related article