フラット35ってなに?

住宅金融支援機構と全国300以上の金融機関が提携して扱う「全期間固定金利型住宅ローン」です。自ら利用する住宅、セカンドハウスの購入に利用できる住宅ローンです。

フラット35の適合証明書が発行されている(または証明書発行予定)の物件の購入にのみ利用ができます。

昨今、全期間金利固定型住宅ローンの金利も非常に低くなっている点、金利がさらに引き下げられるフラット35S、フラット35子育て支援型、フラット35リノベーション等、更に利用しやすい商品がラインナップされ利用者が増え続けています。


フラット35適合物件に注目しておきたいPOINT

住宅ローンを利用する全期間を固定金利にできる点は当然に大きなメリットですが、もう一点、注目しておきたいPOINTがございます。

通常、住宅ローンの利用は収入の安定した公務員の方や会社員、士業の方はしやすいですが、一般的に収入が不安定になりやすいと言われる個人事業主、経営者の方はその審査が厳しいと言われます。

住宅金融支援機構のフラット35は、この個人事業主の方や経営者の方が利用しやすい住宅ローンといえる点が挙げられます。

また、中古住宅、特にマンションについては新築後の築年数が経過してくると新たに物件を購入するという方が住宅ローン利用において長期でローンが組みにくいという難点が発生します。しかし、フラット35適合物件の場合はその心配がありません。

その為、中古住宅においてフラット35適合物件とフラット35適合証明書を取得されていない物件では流通価格(売買価格)に差がでやすいと言っても過言ではないかもしれません。


フラット35適合物件のポイント

住宅金融支援機構の設けた基準に適合している物件でないとフラット35の利用ができません。新築・中古、そして一戸建とマンションとそれぞれその基準が分かれます。(参考:【フラット35】の対象となる住宅・技術基準」

現代の建築安全基準を確保している物件としての安心感に加え、適合証明書を取得されている物件でないと利用できないフラット35。

新たな住宅購入者が住宅ローンが利用しやすくなり、その為に資産価値を保ちやすい物件と言えそうです。

当サイトでは、「フラット35S」や「フラット35子育て支援」、「フラット35リノベーション」のいづれかで適合証明書を取得している物件に関して、「フラット35適合物件」の表記をしております。


この記事のURLをコピーする

Twitterで質問 匿名質問

投稿者:Kishin Inc.編集部

当社はカフェと不動産の並列店です。店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。 [@Kishin_inc ]

Latest contents
不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

Popular post

不動産投資の物件調査方法1(調査前の情報収集編)

不動産の運営費・コストの全て。1(室内コスト編)

不動産の利回り・投資指数活用マニュアル4(収益還元法|DCF法)

不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

不動産の利回り・投資指数活用マニュアル5(復帰価格と価格算出)

不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)

不動産の運営費・コストの全て。2(外部維持・修繕コスト編)

不動産融資・資金調達法1(真常識編)

積算評価(原価法)・時価評価自動計算

アパート投資の教科書6(中古の勝利条件編)

現在検索可能な売買物件は 860

検索Boxを開く

売買物件検索(クリックで展開)



Latest article

不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)
不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)
不動産投資の物件調査方法2(物件現地調査編)

もっと見る


Latest question
Q.利回りとキャッシュフローって重要なのはどっちです?
Q.賃料の自動増額条項(傾斜家賃制度)が非常にいいと聞きましたがどのようなものですか。
Q.礼金とはなんですか?
Q.更新契約後も連帯保証人の責任は続きますか?
Q.保証会社とはなんの会社ですか。

もっと見る



不動産投資ノウハウ追求シリーズ

現在検索可能な売買物件は 860

検索Boxを開く

売買物件検索(クリックで展開)