リフォーム済とリノベーションの違い

「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、住まいの性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。

一方、「リフォーム」とは部分的・表層的な改修工事で、古くなった住まいを新築当時の状態に原状回復するためにおこなわれます。

当サイトにおいては、リフォームを原状回復や新築時の性能を回復させた工事済とし、リノベーションは、現代に合わせた新たな価値を加えたグレードアップ工事を施したものとして取り扱っております。

尚、オーナーチェンジ物件においては、概ね5年以内に工事を行った物件について「リフォーム済」または「リノベーション物件」の表記をしております。


この記事のURLをコピーする

Twitterで質問 匿名質問

投稿者:Kishin Inc.編集部

当社はカフェと不動産の並列店です。店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。 [@Kishin_inc ]

Latest contents
不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

Popular post

不動産投資の物件調査方法1(調査前の情報収集編)

不動産の運営費・コストの全て。1(室内コスト編)

不動産の利回り・投資指数活用マニュアル4(収益還元法|DCF法)

不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

不動産の利回り・投資指数活用マニュアル5(復帰価格と価格算出)

不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)

不動産の運営費・コストの全て。2(外部維持・修繕コスト編)

不動産融資・資金調達法1(真常識編)

積算評価(原価法)・時価評価自動計算

アパート投資の教科書6(中古の勝利条件編)

現在検索可能な売買物件は 860

検索Boxを開く

売買物件検索(クリックで展開)



Latest article

不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)
不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)
不動産投資の物件調査方法2(物件現地調査編)

もっと見る


Latest question
Q.利回りとキャッシュフローって重要なのはどっちです?
Q.賃料の自動増額条項(傾斜家賃制度)が非常にいいと聞きましたがどのようなものですか。
Q.礼金とはなんですか?
Q.更新契約後も連帯保証人の責任は続きますか?
Q.保証会社とはなんの会社ですか。

もっと見る



不動産投資ノウハウ追求シリーズ

現在検索可能な売買物件は 860

検索Boxを開く

売買物件検索(クリックで展開)