Q.買いかえる際、売却と購入、どちらを先にしたほうが良いですか?

 

ご資金内容や住みかえ計画によって異なります。どちらの場合でも、メリットとデメリットがありますので、 査定時に担当と十分にお打ち合わせください。

売却先行の場合

新居購入資金を確保できるので、資金計画が立てやすく、購入する物件の価格の目処がつきます。また、売り急ぐ必要がないため、高値で売却できる可能性が高くなります。

一方で、購入が遅れてしまうと仮住まいが必要になります。

ご自宅に住宅ローン残債務がある場合は、売却成立が先となりますが、残債務の内容によっては、既存住宅ローンを残しつつ、購入の住宅ローンを組む事が可能な場合もございます。このローンは「つなぎ融資」とも呼ばれます。

購入先行の場合

転居するスケジュールがたてやすく、仮住まいを用意する手間や費用が省くことができます。一方で、売却に時間がかかると、二重ローンになってしまうなど、資金繰りに困る場合があります。


このページのURLをコピーする

RELATED QUESTION

御社の特徴を教えてください

利回りとキャッシュフローって重要なのはどっちです?

賃料の自動増額条項(傾斜家賃制度)が非常にいいと聞きましたがどのようなものですか。

礼金とはなんですか?

更新契約後も連帯保証人の責任は続きますか?


RELATED NOTES

国税庁が「マンション・タワマン節税」を防止したいから相続税の算定ルール見直す方針だそうです