Q.売却する際にはリフォームはしたほうがよいですか?

 

買主の好みの問題もありますので、一般的には事前に売主の負担でリフォームを行い販売活動をするケースは少ないと言えますし、原則必要はありません。

しかし、昨今では買主のローン利用をしやすくすることもあり売買契約後、リフォームをして引き渡すという形式も好まれています。その際のリフォーム費用は売買代金に含み(買主の負担)として調整をします。

建物の状況によっては、一部でもリフォームすることで印象が良くなり、早期の売却が実現することもありますので販売戦略に関して担当とよく相談頂くことをお勧めいたします。


このページのURLをコピーする

Kishin Inc.編集部

店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。

また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。

 [@Kishin_inc ]

The author's latest content

Popular Articles

よく使われる不動産用語集

ユーザー特典フリーツール

Related article

不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

不動産投資の物件調査方法2(物件現地調査編)

不動産投資の物件調査方法1(調査前の情報収集編)

不動産売却の教科書7(物件魅力向上術編)

RELATED QUESTION

オーナーになると物件の管理や退去の手続きや入居者募集など煩わしくないですか?

価格交渉はできますか?

中古住宅の場合、リフォーム費用は売主・買主どちらの負担でしょうか?

マンションと一戸建てどっちが良いの?

机上査定と訪問査定の違いは?


RELATED NOTES

物件調査!!

原状回復ガイドラインに関して、よく争点になる「原状回復費の負担」について国交相に問い合わせ確認し...

サポート頂けたら嬉しいです!

100円500円1,000円金額を入力
上記リンク先「送信」からサポート頂けます。サポートはPayPal.meを利用していますので方法がわからない場合はPayPalのヘルプをご参照ください。

投稿・コメントフォロー用SNS

Twitter Facebook

Leave a comment

CAPTCHA


このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。