Q.不動産を売却する際に用意するものは何があるでしょうか?

 

代表的なものに以下のものがあります。依頼の際には担当より対象不動産の売買にかかる必要書類等のご案内をいたしますのでご安心ください。

  • 登記済証もしくは登記識別情報
    所有不動産の内容確認、および所有権の移転登記時に必要です。
  • 実印
    共有者がいる場合は、共有者分も必要です。
  • 印鑑証明書
    共有者がいる場合は、共有者分も必要です。
  • 固定資産税の納税通知書
    固定資産税・都市計画税の年税額確認のため。
  • 住民票
    現住所と登記上の住所が異なる場合に必要です。共有者がいる場合は、共有者分も必要です。
  • 土地測量図面
  • 建物間取り図
    建築時の青図、設計図書があれば望ましく、紛失している場合は間取りがわかるものがありますと大変助かります。いづれもない場合、間取り図を一から作成する必要があります為、販売活動の準備に少しお時間を頂くことになりますが必須ではありません。
  • 建築確認済証及び検査済証
  • 管理規約・使用細則
    総会資料など マンション管理会社から配布されているもの
  • ローン返済予定表
    ローン利用中の場合、金融機関から交付されているもの
  • 賃貸借契約書
    賃貸にかされている物件の場合、貸出ているお部屋の賃料他、敷金(保証金)、賃貸借契約の内容把握が必要になります。

このページのURLをコピーする

RELATED QUESTION

御社の特徴を教えてください

利回りとキャッシュフローって重要なのはどっちです?

賃料の自動増額条項(傾斜家賃制度)が非常にいいと聞きましたがどのようなものですか。

礼金とはなんですか?

更新契約後も連帯保証人の責任は続きますか?


RELATED NOTES

国税庁が「マンション・タワマン節税」を防止したいから相続税の算定ルール見直す方針だそうです