Q.中古住宅の場合、リフォーム費用は売主・買主どちらの負担でしょうか?

一般に中古住宅の売買は現況引渡しのケースがほとんどです。つまりリフォームは買主様のご負担となります。

物件によって、リフォーム、リノベーション済みの物件がある他、交渉等により買主希望のリフォームを行いリフォーム代金を売買代金に含め、引渡すという取引もございます。

リフォーム代金を売買代金に含めての取引となる場合、ローンの利用が非常にしやすくなるメリットもございますので選択しの一つになりえると思います。

いづれの場合も事前に担当者にご希望をお伝えいただくこと、相談いただくことをおすすめいたします。


この記事のURLをコピーする

Twitterで質問 匿名質問

投稿者:Kishin Inc.編集部

当社はカフェと不動産の並列店です。店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。 [@Kishin_inc ]

Latest contents
不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)
Related question
Q.売主が契約不適合責任を負わないこととする特約や、期間を制限する特約は有効ですか。
Q.中古住宅では、入居中の場合が多いのですか?
Q.中古住宅の場合、照明器具やエアコンは付いているのでしょうか?

    記事の通知を受け取りませんか?

    メール通知をご利用頂くと限定コンテンツの閲覧やFree Toolのご利用もいただけます。下記をご利用下さい。

    Mail受取設定




    Related note
    Kishin Inc.編集部 @Kishin_inc

    原状回復ガイドラインに関して、よく争点になる「原状回復費の負担」について国交相に問い合わせ確認したことについて書かれた記事より整理。

    問題の部分、ガイドライン抜粋

    「 経過年数( 注:法定耐用年数のこと )を超えた設備等であっても、継続して賃貸住宅の設備等として使用可能な場合があり、このような場合に賃借人が故意・過失により設備等を破損し、使用不能としてしまった場合には、賃貸住宅の設備等として本来機能していた状態まで戻す、( 中略 )賃借人の負担となることがあるものである。」以下もやりとりの流れ把握の為、抜粋。



    官僚「… 減価償却済みで価値が1円になっているわけですから、クロス代金を入居者にご負担いただくことはできません 」

    質問者「… 6年以上経過したクロスは入居者にどのようなヒドいことをされても大家は泣き寝入りをしないといけないんですか? 」

    官僚「あ、いえいえ。そうではありません。入居者は善管注意義務を負っていますから、そのお部屋の内装を元の『機能』に戻して返還しなければなりません。クロスであれば一面が均一に貼られた状態です 」

    官僚「 減価償却済みのクロスという物体は1円の価値と考えられるので、新品のクロスの調達コストを請求することはできませんが、貼り替える原因を作ったのは入居者ご自身ですので貼り替えに伴う作業工賃は入居者にご負担いただくことになります。一般的な品位のクロスは恐らくスゴく安価に仕入れられると思いますので、クロス貼り替え工事の大半は作業工賃となり、その部分は入居者負担ということです 」

    要するに材料(設備そのもの)に関しては償却されている為、一円となり入居者に請求できないものの、入居者は善管注意義務を負っており元の機能に戻す義務を負う。現状回復のうち工賃に関しては入居者の負担が発生する。クロスの場合だと大部分であろう。

    このあたりはかなりファジーにやりとりされており間違った認識を持つ入居者の横暴が昨今、目立つ。

    よく周知徹底すべき事だろう。


    参考

    原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」(再改訂版)



    Popular post

    Q.ユーザー登録すると、どんなメリットがありますか?

    不動産投資の物件調査方法1(調査前の情報収集編)

    不動産の運営費・コストの全て。1(室内コスト編)

    不動産の利回り・投資指数活用マニュアル4(収益還元法|DCF法)

    不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

    不動産の利回り・投資指数活用マニュアル5(復帰価格と価格算出)

    不動産の運営費・コストの全て。2(外部維持・修繕コスト編)

    不動産融資・資金調達法1(真常識編)

    不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)

    積算評価(原価法)・時価評価自動計算

    現在検索可能な売買物件は 525

    検索Boxを開く

    売買物件検索(クリックで展開)



    Latest article

    不動産投資の失敗例と対処法
    不動産投資の物件調査方法5【総括】
    不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)
    不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)
    不動産投資の物件調査方法2(物件現地調査編)

    もっと見る


    Latest question
    Q.利回りとキャッシュフローって重要なのはどっちです?
    Q.賃料の自動増額条項(傾斜家賃制度)が非常にいいと聞きましたがどのようなものですか。
    Q.礼金とはなんですか?
    Q.更新契約後も連帯保証人の責任は続きますか?
    Q.保証会社とはなんの会社ですか。

    もっと見る



    不動産投資ノウハウ追求シリーズ

    現在検索可能な売買物件は 525

    検索Boxを開く

    売買物件検索(クリックで展開)