Q.物件の購入前に不動産屋に相談した方がいいものなんですか?

 

相談しておくといい方と絶対しておくべき方、そして全く必要ない方とそれぞれありますので該当するタイプがどれになるか見てみてください。

事前に相談しておいた方がいい方

あまりにも購入目線がずれていなければ事前相談をしなくても滅多に困る事はないけど、万が一の間違いを嫌うなら相談しておきましょう。
 
住宅購入する方(売却は絡まない=住替えではない方)と現金購入する方、不動産の購入は今回限りと考えてる投資家の方です。
 
購入前の相談は、物件を買えるか?ローンはどの程度組めるか、そして購入にかかる資金計画を作る事が主となります。
 
住宅購入、投資用物件にかかわらず今回限りという前提での物件取得は、その方の年収と自己資金(頭金)によって購入できる予算も決める事ができ、ご自身の感覚があまりにずれていなければ購入できないというケースはあまりありません。
 
物件取得に際してどの程度ローンを組むのか、そしてそのローンの返済において無理がない範囲であればあまりマニアックな物件をお求めでない限りスムーズに物件取得ができるでしょう。
 
同様に現金での物件取得予定の方も買えないという事は基本ありません。
 
絶対的に事前相談をしなくても困るケースは少ない方と分類した理由になります。
 
勿論、安全に確実に不動産取得をしたい筈ですからできれば相談しておいた方がいいとお答えします。
 
特に、個人事業主・会社役員の方は一般の会社員の方よりも住宅ローン、投資用ローン共に少しシビアに見られます。またカードローンや車のローンなどを返済している方も同様です。
 
借り入れ枠の確認や対象にできる物件タイプというものが出てきますので相談しておきたい点と言えます。
 
また、現金購入予定の方は買ってはいけない物件も購入できてしまうというリスクがあります。
 
ローンを利用して購入する方はあまりによろしくない物件ですとローンが出ませんので購入ができないという、一種のセフティネットを持ってるとも言えますね。
 
中古の物件や土地を取得してリフォームや住宅を建てたいという方も相談しておいた方がいいでしょう。
 
主に、自身が購入できる物件、購入すべき物件タイプ、予算の把握、物件取得までの流れを事前にプロと確認する事は全てにおいて安心につながる筈です。
 
安心して物件探しができますので出来れば物件購入前に相談しておきましょう。
 
 

絶対に事前相談をしておくべき方

 
先に挙げた住宅購入者の方の中では、お買い替えが絡む方です。取引の繋がり(売り買い)を調整しなければならない為、計画を立ててから動くのが鉄則と言えます。
 
次に投資家の方、今回に限らず、今後複数の不動産を取得していく予定で、うまく借り入れを利用しつつ買い進めたい方は絶対に事前相談を行い計画を練るべきです。
 
先にあげました通り、不動産は一つだけ取得するならばほとんどハードルはありません。
 
しかし、二つ、三つ、それ以上の物件を借り入れを起こしつつ取得していく為には、初めての物件取得時点から計画的に物件の的を絞り、買い進めていく必要が出てきます。
 
ある程度の与信(個人属性)によっていくつかの物件取得、借り入れは殆ど誰でも行えます。
 
しかし、ある程度以上の物件取得、借り入れを行う為には精密機械のように綿密に計算され尽くした計画のもとに進めていかなければいずれ物件取得は不可能になります。
 
現在の収入、資産背景から目指す資産背景までのロードマップを明確に描く必要があり、間違った物件取得、間違った借入をしてしまうと計画は大きく後退いたしますし、場合によっては頓挫、不可能な道となってしまいます。
 
間違った物件を買ったら自分の夢見ていた将来への道を自分で潰していたという事はザラです。多くのの方が無自覚に陥っていると言ってもいい罠かもしれません。
 
購入前の段階で全ての資産背景を精査し、精査し尽くした時点ごとの対象物件、その積み重ねをし続ける方だけが多くの不動産を所有できるのです。
 
不動産の融資に関する解説は下記シリーズをご参照ください。
 
これから不動産を購入する方、まだ初心者の方は自身の資産背景、対象物件、そして保有する事になる物件それぞれを明確に精査し全てを把握できる方は殆どいらっしゃらないでしょう。
 
不動産投資においてはこの物件良さそうだな、だから問い合わせてみよう、そして購入するという流れで進めている方の潜在的なリスクはとても高いと言えます。
 
また私どもも興味を持って頂いた物件を買わせてあげられるようにお手伝いする事は勿論、多く行いますが、実際のところそのお客様に多くの場合あっていない物件、購入させてあげにくい(ハードル高)物件の確率が非常に高いと言えます。
 
不動産投資において借り入れを行いつつ物件取得する際には、自身の資産背景と対象物件の噛み合わせが非常に重要だからです。
 
取得すべき物件、してはいけない物件を明確に精査しながら進めるべきなのが不動産投資の物件取得であり、それを実行する為には明確に資産背景、物件精査ができる不動産エージェント(極めて少ないですが)に事前相談を行い、物件取得計画を作ることを必須とお伝えします。
 
勿論、当方はこのような精査と購入スケジュールを立てる事は得意としておりますので是非ご相談下さい。
 
そして下手な(計画に合わない)物件を取得しないで下さい。

事前相談が必要ない方

自身で現時点から将来に至るまで投資スケジュール、資金調達ができる方は全く必要ないでしょう。

 
ご質問ありがとうございました。

このページのURLをコピーする

Kishin Inc.編集部

店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。

また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。

 [@Kishin_inc ]

The author's latest content

Popular Articles

よく使われる不動産用語集

ユーザー特典フリーツール

Related article

不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

不動産投資の物件調査方法2(物件現地調査編)

不動産投資の物件調査方法1(調査前の情報収集編)

不動産売却の教科書7(物件魅力向上術編)

RELATED QUESTION

オーナーになると物件の管理や退去の手続きや入居者募集など煩わしくないですか?

価格交渉はできますか?

中古住宅の場合、リフォーム費用は売主・買主どちらの負担でしょうか?

マンションと一戸建てどっちが良いの?

売却する際にはリフォームはしたほうがよいですか?


RELATED NOTES

物件調査!!

原状回復ガイドラインに関して、よく争点になる「原状回復費の負担」について国交相に問い合わせ確認し...

サポート頂けたら嬉しいです!

100円500円1,000円金額を入力
上記リンク先「送信」からサポート頂けます。サポートはPayPal.meを利用していますので方法がわからない場合はPayPalのヘルプをご参照ください。

投稿・コメントフォロー用SNS

Twitter Facebook

Leave a comment

CAPTCHA


このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。