Q.平成バブル崩壊、リーマンショックと不動産投資の回復はどれくらいかかったのでしょうか。スルガショック、そしてコロナ…回復見込みはいつ頃でしょうか

平成バブル時は当社の事業用物件の担当は皆まだ業務に携わっておらず、事業物取り扱い担当の中では年長の私(学生でしたが)が、2000年頃からは実体験の上、認識している範囲でお答えします。

平成バブル崩壊当時、私事で収益物件を少々いじっておりました関係でこの頃の事も少し実感はございます。

平成バブル崩壊以前、現代のような個人投資家は賃貸用の収益物件を保有する事よりも転売を主とした動きでしたので投資の向きが異なる点をまず添えておきます。

現在の個人投資家による収益物件を対象とした不動産投資が盛んになったきっかけは、三井住友銀行の誕生とそれに伴い仕掛けた結果と私は認識しています。

資産家層への救済策でもあり、新たな市場開拓として大成功といったところでしょうか。

サラリーマンを対象にしたアパートローンの登場により市場に個人投資家が集まったという認識をしています。

三井住友銀行の誕生が1996年、97年にはベストセラーになった「金持ち父さん、貧乏父さん」も発売され他行もそれぞれ追随するようにアパートローン、投資用ローンを前に出し多くの方が不動産投資家デビューしたのではないでしょうか。

この平成バブルにおいては3年ほど不動産価格は大きく急落、個人向けと言える収益物件に関しては新たな商品の誕生により下落を抑え、そして価格上昇に転じていった印象です。

そしてJ-REITの誕生(2001年)にファンドバブルへと繋がり、リーマンショック(2008年)までかなり順調だったと思います。

リーマンショック後、個人向け不動産投・融資に関しては2011年後半から2012年夏頃が底だったと思います。

平成バブルからの展開と同じように秋口から一気に回復を通り越してゆるゆるな不動産融資、高値売却(当時の感覚)の連発にびっくりしました。

安倍政権誕生、金融緩和の影響でしょう。

それこそ個人向けに関してはその後、事件となるスルガ銀行を始めいくつかの地方銀行、信金、信組がよく目聞きされるところが増え、実際リーマンショック前よりも緩い(貸しすぎじゃない?)な融資態勢もあり一気にプレイヤーが溢れた印象です。

現在、かぼちゃの馬車・スルガ不正融資問題(スルガショック)の影響から個人向け融資のハードルが引き上げられたと言われます。

私個人的な感覚では正常に戻ったという印象を持ちますが、ここ数年以前より相当にハードルが上がったのは確かです。

コロナ感染拡大の影響による緊急事態宣言からの国中の自粛ムード、そしてその後の不動産市場のイベントをみても好転のキッカケは見え難いと言えます。

ただ、平成バブル後もリーマンショック後もきっかけ一つで一気に回復&従前以上に好転してきた事。

そして、個人向け不動産市場においては好景気状況が非常に長く、減速期は3年ほどと短い事も特徴に感じます。

投資市場ですから人の欲望や都合によって影響されるのでしょう、そもそも投資市場は下がり目は我慢できないのだと思います。

先は明るいネタは今は見当たりませんが、どんなに悪くても皆が我慢できない3年(くらい?)したら。

誰かいいきっかけを投入して以前以上の活性化をもたらすのではないかなと思います。

テクニカルの要素が結局強いのが市場というものだと思いますので、個人的な見解になりますがお答えとさせていただきます。

ご質問ありがとうございました。


この記事のURLをコピーする

Twitterで質問 匿名質問

投稿者:Kishin Inc.編集部

当社はカフェと不動産の並列店です。店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。 [@Kishin_inc ]

Latest contents
不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

Related article

不動産投資の失敗例と対処法

不動産投資の物件調査方法5【総括】

不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)

不動産投資の物件調査方法2(物件現地調査編)

Related question
Q.リスクを背負わずに不動産投資は可能ですか?
Q.不動産投資をするにあたり、一番大事なことはなんですか?
Q.不動産投資を始めようとした目的やきっかけは何でしょうか?

    記事の通知を受け取りませんか?

    メール通知をご利用頂くと限定コンテンツの閲覧やFree Toolのご利用もいただけます。下記をご利用下さい。

    Mail受取設定




    Related note
    Kishin Inc.編集部 @Kishin_inc

    不動産投資、賃貸業において多くの方が色々と欠けた(抜けている)数値を使って計算している不動産運営収支の計算。

    この運営収支に関して可能な限り厳密に、もれなく試算できるツールの提供を開始(無料)。

    様々なシミュレーション用のソフトが溢れているが多くの場合、決定的なコスト計上漏れがあり現実とは異なる試算結果になる。

    そして不動産運営は長期にわたり運営して初めて1サイクル。多くの方が計上漏れがあっても気づけず、厳密に精度の高い運営計画、試算ができる方は限られている。

    それこそ、不動産賃貸業20年、30年選手や家業として不動産賃貸業を引き継いた方ぐらいしか厳密なコスト計算、将来シミュレートに使える精度の計算は難しいのかもしれない。

    そこで極めて厳密に不動産運営収支を計算できるツールを用意するに至った。

    無論、個人・法人対応、スマホ対応。試算設定年数終期における厳密な蓄積金(税引後キャッシュフロー蓄積金)、時点残債額迄対応している。

    利用は「運営費計算」ページにていつでも無料で行える。

    不動産投資を行いたい方がリスク回避の為、すでに物件を保有しておりこれからどの程度保有するのが最良なのかなど、利益の最大化に向けての試算にも有用なはずだ。

    機能等の詳細は、不動産の運営コストの全てシリーズの下部にて画像入りで紹介しているのでご確認頂きたい。

    不動産の運営費・コストの全て。1(室内コスト編)



    Popular post

    不動産投資の物件調査方法1(調査前の情報収集編)

    不動産の運営費・コストの全て。1(室内コスト編)

    不動産の利回り・投資指数活用マニュアル4(収益還元法|DCF法)

    不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)

    不動産の利回り・投資指数活用マニュアル5(復帰価格と価格算出)

    不動産の運営費・コストの全て。2(外部維持・修繕コスト編)

    不動産融資・資金調達法1(真常識編)

    不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)

    積算評価(原価法)・時価評価自動計算

    不動産の利回り・投資指数活用マニュアル2(利回り解説と直接還元法)

    現在検索可能な売買物件は 850

    検索Boxを開く

    売買物件検索(クリックで展開)



    Latest article

    不動産投資の失敗例と対処法
    不動産投資の物件調査方法5【総括】
    不動産投資の物件調査方法4(役所調査編)
    不動産投資の物件調査方法3(法務局調査編)
    不動産投資の物件調査方法2(物件現地調査編)

    もっと見る


    Latest question
    Q.利回りとキャッシュフローって重要なのはどっちです?
    Q.賃料の自動増額条項(傾斜家賃制度)が非常にいいと聞きましたがどのようなものですか。
    Q.礼金とはなんですか?
    Q.更新契約後も連帯保証人の責任は続きますか?
    Q.保証会社とはなんの会社ですか。

    もっと見る



    不動産投資ノウハウ追求シリーズ

    現在検索可能な売買物件は 850

    検索Boxを開く

    売買物件検索(クリックで展開)