お盆は帰省しました?

 

お盆が過ぎ、秋の虫も見かけるようになりました。夏も終わりに向かっていますね。

お盆に帰省した際に、親が暮らす実家の家は誰が継ぐことになるか…話題になったかもしれません。

相続で受け継いだ不動産が「負動産」であることもしばしば。更には「腐動産」となり、税金を払うための物件に…

マイナスが膨らんで、どうにもならなくなってからでは遅い…といってもどうしたら良いのか分からない。

特定空き家認定でもされようものなら、税金増し増しですし。お金を払ってでも手放すべき物件は、かなり多いです。

正直、手放すべき物件というのは空き家に限りません。「負動産」は手放すべきなのですね。見極めが大切だとおもいます。

負動産について解説・補足

負動産とは経済面でマイナスに作用する不動産のことをいう造語 昨今、日本では人口の減少、空き家の増加などの影響で不動産の受給バランスが大きく崩れています。 そのような実情が影響して、自身で取得・保有する不動産、または相続した不動産が、自身の資産を減らし…

 Kishin Inc.  


当社には不動産経営に詳しい専門スタッフがおります。投資キャリアも長く、様々なご相談に乗れますので是非お声かけください。



このページのURLをコピーする

Kishin Inc.編集部

店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。

また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。

 [@Kishin_inc ]

The author's latest content

Popular Articles

よく使われる不動産用語集

ユーザー特典フリーツール

Related article

相続登記義務化と国庫帰属・物納の難しさは致命的な重税に繋がる

サポート頂けたら嬉しいです!

100円500円1,000円金額を入力
上記リンク先「送信」からサポート頂けます。サポートはPayPal.meを利用していますので方法がわからない場合はPayPalのヘルプをご参照ください。

投稿・コメントフォロー用SNS

Twitter Facebook

Leave a comment

CAPTCHA


このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。