どこかのメンタリストさんが言う収入こそが人間の価値?な発言は何が軽率なのか?

Kishin Inc.編集部

以前はテレビ、最近はYouTubeで大活躍されているらしいメンタリストさんが、生活保護者に対して価値がないなどと持論を展開して大騒ぎになっているようです。

炎上商法と言われる手法の売名行為なのでしょうが、この手の煽りは昨今非常に多くあり、収入の多さを誇示したい恥ずかしい性格の方がよく目につくようになったなぁと思います。

確かに収入は生活をするうえではどんな人間にも必要ですし、生活費を超える余剰収入は投資資金やまたは贅沢する消費力ですから当然、多い程に望ましいとも言えます。

しかし、それは個からみてであり、社会全体にとっては価値あることか?というと社会にとっては大した意味はない事だと思います。

納税額が多いから偉大なのでしょうか?

いえ、社会にとってはそんなことに大した価値はありません。

特にこの方はお若いですからその誇る収入、納税面で見ると恐らくは所得税・住民税、消費税あたりが主なはず。

収入は誰かの余剰資金から対象者に支払われたものであり、もしこの方がいなければ、別の形、別の方からいずれ納税されるものです。

仮にその方が彼に支払う機会を失い、消費・生活費にその資金を使わなかったとしても相続税、そこでも納税に回らなければ次代が何かしらのタイミングで納税します。

金は天下の回りもの。納税も然り。

収入が多い事は個にとっては大切であり、重要ですが社会にとっては別に大した話ではありません。

生活費保護者の中には怠け者もいるかもしれない。しかし、切磋琢磨したがどうしようもなく、タイミング悪くそうある人もいるかもしれません。

どんな方がいるかわかりません。ただ収入のあるなしで人の価値が決まるわけはなく、そう考える人こそ、先の納税の話のような社会の仕組みを理解していない愚か者であり、人々を傷つける厄介者なのだと思うのです。


← Back to notes

この記事のURLをコピーする

Kishin Inc.編集部

店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。

また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。

[@Kishin_inc ]

Latest contents
相続登記義務化と国庫帰属・物納の難しさは致命的な重税に繋がる
不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
100円500円1,000円金額を入力
上記リンク先「送信」からサポート頂けます。サポートはPayPal.meを利用していますので方法がわからない場合はPayPalのヘルプをご参照ください。
投稿・コメントフォロー用SNS

Twitter Facebook

ぜひコメントをお寄せください。お待ちしております!

記事の感想や見解の他、励ましや応援のお声も頂戴できれば嬉しいです。宜しくおねがいします。 ご質問は「質問コーナー」にお寄せ頂ければ幸いです。

              

コメントを残す


このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。