投資の世界におけるグレーな方法の多くは追求を怠った、正当な方法に仕上げなかった怠け者の手段

Kishin Inc.編集部

不動産に少しでも携わる方や少し勉強された方であればどうあっても手を出すことはありえなかったカボチャの馬車・スルガ事件。

元はといえば私達まともな業者がもっと頑張って公知活動を行い、不動産リテラシーを高める、不動産投資に興味を持つ方たちの目にとまるように活動するしかなかったのでしょう。

投資は自己責任であり、不動産投資とはいうものの不動産を消費者に貸す立派な事業です。

騙されたと感じる部分がある方もいるのかもしれませんが、自分の事業、投資を他人に丸投げだったのでしょうか。

でもこの事件、大部分の方は全く違います。

不動産投資サイトの楽待あたりのコラムを読むとわかりますが、融資を受ける為にはなんでもありの方は多いのです。

投資の世界ですからグレーな手法だろうと目的を達成できるとなれば手を染める方はいくらでもいます。

そのグレーな方法の多くの場合は、凄い方法ではなく追求を怠った、または正当な方法にたどり着けなかった(仕上げなかった)怠け者の手段だと私は思います。

ニュース記事のコメント蘭に実態を表す素晴らしいこめんがありましたのでコメント全部引用させて頂きました。

弁護士側の話を一方的に書くものだから、論点がどんどんズレて行ってしまっていますね。

シェアハウス「かぼちゃの馬車」に投資した人たちは、不動産業者「スマートデイズ」と一緒になって自分たちの年収を水増しした書類を作成し、銀行から不正に融資を引き出した形になっているのですよ。

それで投資に失敗したからといって、あろうことか弁護士と極左メディアを使い銀行を攻撃し、借金を帳消しにさせたのです。

簡単に言えば、「自分で投資判断をし、緩い審査のおかげで全額融資を得られたが、物件が悪く投資に失敗した。不動産会社は破産したので銀行だけを攻撃し、借金をチャラにさせた」という話になります。

甘い投資判断で失敗した人がなぜ「被害者」として扱われるのか、全く筋が通りません。

彼らの理不尽な振る舞いにより、日本の投資環境は急速に悪化してしまいました。

自称「被害者」の方々の責任はかなり重大だと思います。


私も個人的に全くの同感です。不正業者の多くは既にいないでしょう。けれどこの事件に関しては被害者として出てきている方こそ許してはいけない存在だと思います。

お金借りるときは頭を下げて、返すときは手のひら返す。

投資は自己責任。むしろこの被害者と主張する方々を調べて欲しいと思います(個人の見解です)。


← Back to notes

この記事のURLをコピーする

Kishin Inc.編集部

店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。

また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。

[@Kishin_inc ]

Latest contents
相続登記義務化と国庫帰属・物納の難しさは致命的な重税に繋がる
不動産投資の失敗例と対処法
不動産投資の物件調査方法5【総括】
100円500円1,000円金額を入力
上記リンク先「送信」からサポート頂けます。サポートはPayPal.meを利用していますので方法がわからない場合はPayPalのヘルプをご参照ください。
投稿・コメントフォロー用SNS

Twitter Facebook

ぜひコメントをお寄せください。お待ちしております!

記事の感想や見解の他、励ましや応援のお声も頂戴できれば嬉しいです。宜しくおねがいします。 ご質問は「質問コーナー」にお寄せ頂ければ幸いです。

              

コメントを残す


このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。