コロナショック後の不動産市況、リーマン級ともそれ以上とも言えるホテル、大規模物件の下落は顕著で読...

 

コロナショック後の不動産市況、リーマン級ともそれ以上とも言えるホテル、大規模物件の下落は顕著で読み合わせた記事の内容と個人的な見解はかなり一致する。

現時点においてもその傾向を確認できるが、不動産の下落幅は確かに高額帯、大型不動産であるほどに顕著で、小規模、住宅の下落幅は小さい。1割程度だろうし、このコロナ騒動が長引いたとしても低価格帯はそれほど大きな下落にはならないように考える。

近年、相当な違和感を感じていたなぜ益々一極集中化が進むのかについて経済的な強者がそれを望むことは理解しているが、社会のインフラ、あり方の変化を鑑みるとやはり違和感しかなかった。

無論、この傾向はこのコロナショック後も続くかもしれないが、違和感とはインターネットの普及、多様化した働き方が叫ばれ、そして事実として広まった。

商談の一部、または大部分をウェブ会議、連絡事項はメール、ラインと言ったものが好まれ電話、対面商談を嫌悪する層が増え続けたというのにそれでも都市部一極集中化は加速した事に違和感を覚える人は少ないだろうか。私はとてつもない違和感を感じていた。

このコロナ感染拡大防止の為として緊急事態宣言が出され、今経済的な理由だろうよくわからない根拠のもとに解除へと向かっている(ように見える)。

テレワークが進み(それほど進んでないようだが)続け、これがスタンダード化していく可能性もあり、そうなればいよいよ集中化は緩和するのではなかろうか。

本来、災害の多い我が国において地盤の弱い東京都市部に人、企業が集中している状況は長い目でみると好ましいものではないと考える。

働き方改革が叫ばれ、このコロナ騒動が長引けばコロナショックの影響も大きくなる反面、生活のあり方が強制的に変わるだろうと予想する。

その変化を促進するものと捉えた場合、この自粛状況は長引いた方がいいのかもしれないし、それを好ましいものと捉えたい。

参考

マンション価格、一部で3分の1も 在宅勤務で変わる不動産の価値

新型コロナウイルスの感染拡大は不動産市場に大きな影響を及ぼしそうだ。12年前のリーマン・ショックでもマンション価格は暴落し、モリモトやダイナシティなど勢いのあった会社が次々と倒産していった。そんな中をほぼ無傷で乗り切ったのが、区分マンション販売大手の…

 Source:日経ビジネス電子版  





このページのURLをコピーする

Kishin Inc.編集部

店内でゆったりとお過ごしいただくことを大切に地域の皆様に愛され大切にされるようなお店を目指しています。

また、地域の住宅の他、東京23区・多摩地区を中心に事業(投資)用物件の取り扱いもしております。

 [@Kishin_inc ]

The author's latest content

Popular Articles

よく使われる不動産用語集

ユーザー特典フリーツール

RELATED QUESTION

利回りとキャッシュフローって重要なのはどっちです?

賃料の自動増額条項(傾斜家賃制度)が非常にいいと聞きましたがどのようなものですか。

礼金とはなんですか?

更新契約後も連帯保証人の責任は続きますか?

保証会社とはなんの会社ですか。


RELATED NOTES

不動産業の個人情報の取り扱いについて、問題の洗い出しと対応策を考える

路線価4倍の課税(相続税)結局、国税側勝訴

賃貸物件の募集家賃動向について

賃貸の事故物件は、告知義務3年!国交省ガイドライン!

今日はクリスマスですね!!

サポート頂けたら嬉しいです!

100円500円1,000円金額を入力
上記リンク先「送信」からサポート頂けます。サポートはPayPal.meを利用していますので方法がわからない場合はPayPalのヘルプをご参照ください。

投稿・コメントフォロー用SNS

Twitter Facebook

Leave a comment

CAPTCHA


このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。