不動産売却の基本:スムーズに進めるためのポイントと手続き

不動産を売却するときには、一定の手続きや書類が必要になります。しかし、それらを把握しておくことで、スムーズに不動産売却を進めることができます。ここでは、不動産売却の基本的な流れや手続き、必要な書類、不動産会社との契約などを解説し、売却プロセスをスムー …


このページのURLをコピーする

不動産を売却するときには、一定の手続きや書類が必要になります。しかし、それらを把握しておくことで、スムーズに不動産売却を進めることができます。ここでは、不動産売却の基本的な流れや手続き、必要な書類、不動産会社との契約などを解説し、売却プロセスをスムーズに進めるためのポイントをまとめます。

不動産売却の基本的な流れ

不動産売却の基本的な流れは以下の通りです。

  • 不動産会社との相談・査定
  • 媒介契約の締結(不動産会社と売主間)
  • 買い手の探索
  • 重要事項説明書の明示
  • 売買契約書の作成、契約の締結(手付金の受領)
  • 資金の準備
  • 物件等引き渡し(残金の受領)、登記

不動産会社との相談・査定から始まり、売買契約書の作成、物件引き渡し、残金の支払いまで、数多くの手続きが必要になります。ただし、不動産会社の手配や売買契約書の作成などは、不動産会社がサポートしてくれるため、自分で行う必要はありません。

必要な書類

不動産を売却する際に必要となる書類には、以下のものがあります。

・登記事項証明
・登記識別情報(権利証)
・固定資産税評価証明書
・売買契約書(不動産会社作成)
・重要事項説明書(不動産会社作成)
・印鑑証明書

これらの書類の大部分は不動産会社が代行して取得してくれる場合が多いでしょう、

自分で取得する場合は、各役所に申請する必要があります。

不動産会社との(媒介)契約

不動産会社との契約には、一般的には「専属専任」「専任媒介契約」と「一般媒介契約」の3つがあります。どの契約形態を選ぶかは、売主自身が判断する必要があります。

まず、「専属専任」と「専任媒介契約」とは、不動産会社に対して、売却物件の販売に関する全ての業務を一任する契約形態です。この場合、売主は1つの不動産会社に限定し、他の不動産会社には委託しないことになります。

一方、「一般媒介契約」とは、不動産会社に対して、売却物件の販売に関する業務を依頼する契約形態で、複数の不動産会社に委託することができます。この場合、売主は複数の不動産会社に同時に物件の販売を依頼できるため、売却チャンスが増えるというメリットがあります。

どちらの契約形態を選ぶかは、売主自身の判断によりますが、専任媒介契約を結んだ場合、売却物件に対する不動産会社の取り組み方が一層熱心になる可能性が高いため、高値での売却が期待できるかもしれません。

不動産会社との契約を結ぶ前に、売主は契約内容や手数料などをよく確認することが重要です。また、契約書に不明な点がある場合は、遠慮なく不動産会社に問い合わせることも大切です。

売却物件に関する情報を正確に伝えることも重要です。不動産会社によっては、売却物件の詳細情報を取得するために、現地調査を行うこともあります。売主は、誤った情報を提供した場合、売却プロセスがスムーズに進まないだけでなく、トラブルの原因にもなるため、注意が必要です。

契約内容の確認

不動産会社との契約をする前に、契約内容をしっかりと確認することが重要です。契約書には、仲介手数料の金額や支払い方法、売却期限、売却価格などが明記されています。

特に、仲介手数料は売却価格によって変動するため、注意が必要です。契約書に明記されている仲介手数料が高額であれば、他の不動産会社と比較してみることも大切です。

また、契約書には、契約期間や契約解除に関する条件も記載されています。契約期間は短ければ1か月程度、長ければ6か月以上になることが一般的です。契約期間内に契約を解除した場合は、解除料が発生することもあるため、契約期間や解除に関する条件を確認しておくことが重要です。

媒介契約書の締結

契約内容を確認したら、不動産会社との契約書を締結します。契約書には、売却物件の詳細や売却価格、仲介手数料、契約期間、解除料、契約書締結時の支払い条件などが明記されています。

契約書には、売主と不動産会社の双方が署名する必要があります。また、売主には、売却物件に関する重要事項を正確に記載した説明書を提出することが求められる場合もあります。契約書の内容に不明な点や疑問点がある場合は、不動産会社に問い合わせて確認することが大切です。

まとめ

不動産売却においては、不動産会社との契約が必要不可欠です。契約をする前に、不動産会社の信頼性や実績を確認し、契約内容をしっかりと確認することが大切です。また、契約書の締結時には、売主と不動産会社の双方が納得した上で署名し、売却プロセスをスムーズに進めることが求められます。


このページのURLをコピーする

RELATED QUESTION

御社の特徴を教えてください

利回りとキャッシュフローって重要なのはどっちです?

賃料の自動増額条項(傾斜家賃制度)が非常にいいと聞きましたがどのようなものですか。

礼金とはなんですか?

更新契約後も連帯保証人の責任は続きますか?


RELATED NOTES

国税庁が「マンション・タワマン節税」を防止したいから相続税の算定ルール見直す方針だそうです